乳酸菌ショコラ

乳酸菌ショコラ 景品表示法に抵触する可能性があるの?

乳酸菌ショコラ

 

乳酸菌ショコラについて、気になるニュースがありました。

 

乳酸菌ショコラのキャッチコピー「生きた乳酸菌が(腸まで)100倍とどく」について、「本当に腸まで乳酸菌が腸まで100倍届くのか」という疑問の声が消費者からあがっているというのです。

 

たしかに、私も乳酸菌に何個の乳酸菌が入っているのか調べてみましたが、データはどこにも公開されていませんでした。

 

ロッテのホームページにも書かれていません。

 

 

消費者の声をきいた消費者庁は、ロッテに対し「根拠を示す資料」の提出を求めています。

 

 

ロッテ側が「100倍届く」とする根拠

 

乳酸菌ショコラで主張されている根拠は、乳酸菌ショコラに使われている乳酸菌を提供している日東薬品工業と、京都大学教授 小川順 氏の共同研究がもとになっています。

 

人口胃液の試験結果と、人の排泄物検査により、「100倍届く」としています。

 

ただし、小川教授自身が「現在の科学技術では、人間の腸内でどれだけの乳酸菌が活きているかは人間を解剖して検証する以外に定量的に測れない」と言っているので、根拠の明示は難しいでしょう。

 

 

現在の乳酸菌ショコラはキャッチコピーが変更されている

スーパーで乳酸菌ショコラを探してみました。

 

乳酸菌ショコラ 景品表示法に抵触する可能性があるの?
ビターチョコレートが売り切れで、ミルクチョコレートを買いました。

 

発売当初「生きた乳酸菌が100倍とどく」だったキャッチコピーは、「“生きた乳酸菌をいつでも”の時代」に変更されています。

 

乳酸菌ショコラ
上が発売当初、下が今回買ってきた乳酸菌ショコラ

 

これは消費者庁からの指摘の影響でしょうか。

 

乳酸菌ショコラ 景品表示法に抵触する可能性があるの?
蓋をあけたところのメッセージ。
「100倍」などの言葉はありません。

 

乳酸菌ショコラ 景品表示法に抵触する可能性があるの?
一般的に、乳酸菌が持つ酵素活性効果は、胃液などの酸によって失われてしまいます。

 

実験では、乳酸菌をチョコレートで保護することで、乳酸菌の粉末や乳酸菌を配合したドリンクと比較して、試験管に入った人工胃液の中で3万3000倍の量が生き残ることが確認されています。

 

小川教授の言うように、言い切れない部分はありますが、乳酸菌の生き残る量が増えたことは確認されているので、これからも販売して欲しいと思います。

 

私の場合は、大きな便秘解消効果は感じないものの、気分的に普通のチョコレートを食べるより罪悪感がないのです。。

 

 

関連記事

乳酸菌ショコラの乳酸菌に便秘解消効果はある?

 

乳酸菌サプリメント PICK UP!

↑ PAGE TOP